FC2ブログ
 ビーちゃん
本日トリミングで来院されたヨーキーのビーちゃん💕





伸びきっていた毛でしたが、短くイメチェンしました✨






おめめが見えてとっても可愛くなりました💓




今ではこんなに元気なビーちゃんですが、腸炎で苦しみ、入院していた時期もありました。



そんな時期を乗り越え、いつもの元気いっぱいなビーちゃんに戻って本当に嬉しいです。



もともと痩せ気味でなかなか増えなかった体重も、飼い主様の食事管理のおかげで今では理想体重を維持できています。



元気がなかったときのビーちゃんも知っているので元気にトリミングに来てくれるたびに安心します。


これからもずっと元気なビーちゃんでいてね!
トリマー若林
2019年05月21日 15:10 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | Top↑
8歳以上のわんちゃんには、年に一度のドッグドック(画像検査)と、年に2回の血液検査を強くお勧めします。
人間は歳を重ねることで、疲れやすくなったり、体のどこかに異常が出てきたり、病気のリスクが高まってきます。
わんちゃんも8歳以上になると、徐々に徐々に病気のリスクが高まってきます。
ーだからといって、そんなに頻繁に健康診断をする必要があるの?ー
人間が1年歳をとると、わんちゃんでは約5年歳をとると言われています。
これは、病気の進行速度にも同じことが言えます。
例えば、半年前には血液検査で何の異常がなくても、
今、血液検査をすると腎臓の数値が異常に高くなっている、ということが起こり得ます。
これから先、大切なペットさんがもっともっと元気でいてくれるため、
定期的な血液検査で、健康状態を知ることがとても大切です。
わんちゃんの春の血液検査のキャンペーンは、5月末までとなっております。
ご希望の方は、お早めにご来院お願い致します。

獣医師 嶋崎
2019年05月21日 00:30 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | Top↑
 モコモコな耳🐻
先日トリミングにきてくれました
トイ・プードルのゆずちゃん👩🏻💗 
シャンプー前にパシャり!モコモコでぬいぐるみのようです🧸

さっぱりしました~~😙✨

いつも"ゆずちゃん"と呼ぶとモコモコな耳をパタパタさせて、ひざの上にピョンと飛んできてくれます🌼
また来月会えることを楽しみしてます🥰
トリマー須田
2019年05月19日 22:18 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | Top↑
お家に来た大切な子たちに一番最初にプレゼントするのが、"名前"です!

中にはもうすでにプレゼントを貰ってお家に来た子達もいますよね😊

その子の見た目から...
先代犬、猫の名前から...
飼い主さんの趣味や思い出から...
などなど色々な理由や想いから名前を貰っているはずです!

夕やけのスタッフは、その子が飼い主さんとどうやって出会ったのか、名前の由来は何かを聞くのが好きなので診察中や初めて来た時に聞かれた方もたくさんいると思います😂

ちなみに私の家の犬は体格の良さと響が良いからという理由でレオン


猫の方は7月7日生まれの3兄妹だったので夏の大三角形からとってコトとハク
従兄弟の家に行った男の子はアルタイルからとってアル⭐️


さらに鳥は10月31日に家に来たのでハロウィンのカボチャ、パンプキンからとってパンプです🐣


こうしてみると名前の由来を聞く楽しさが伝わりますか😂?!

皆さんも病院にいらした時には是非その子との出会いや名付け、お家での呼び方なんかも教えてください!!

そこから病院と飼い主様そして何より動物たちとの絆が深まればいいなと思っていますのでよろしくお願い致します🤝❣️

看護師 廣木
2019年05月18日 23:36 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | Top↑
“スノーホワイト”という名前の「幸運を運ぶ」ネコをご存知でしょうか。
日本語で「白雪姫」を意味する名前をつけられたこの子はアメリカ古典文学の本流を作り上げたノーベル賞作家、アーネスト・ヘミングウェイが飼っていた子です。
彼はフロリダ州に引っ越す際に、知り合いの船長より、彼女を譲り受け、猫好きで、多頭飼育していた中でも、最も可愛がったとされています。
なぜ、彼女は幸運を呼ぶ、と言われたかというと、彼女は「多指症」で、文字通りに指の数が多い子でした。
当時、船乗りの間でこの多指症のネコ達は指の数が多いため、他のネコ達よりも船上にいるネズミを狩るのが上手いとされ、幸運の証として重宝されました。
アメリカ本土の最南端の島、キーウェストにヘミングウェイはかつて住んでいた住居があり、いま現在、そこは博物館、「The Ernest Hemingway Home & Museum」として一般公開されています。
そこにはなんと、いま現在もスノーホワイトの遺伝子を残した多指症のネコ達が50匹近く暮らしています。
幸運を呼ぶこのネコ達。一度囲まれてみたいですね。

獣医師  岩木
2019年05月17日 22:30 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | Top↑