スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬や猫も、人間同様、舌に味を見分ける「味蕾」があり、
甘い・すっぱい・苦い・塩辛いなどを感じることができますが、
味覚よりはにおいで判断しています。

犬と猫を比較すると、犬は砂糖に反応する「味蕾」の数が
もっとも多いので、甘いものを好みますが、
猫は甘さにはあまり反応しません。

ところで、猫の好物といえば魚を連想しますよね。

でもこれは我々日本人の思い込みのようで、
魚肉入りのキャットフードも海外では見かけません。

祖先のライオン同様、野生の猫は狩りをして動物の肉を食べますが、
泳げないので魚を捕ることはありません。

たまたま野良猫が、えさにありつきやすい漁港に多く棲みつくことなどから
猫といえば魚になったのかもしれません。

そういえば「おさかなくわえたドラネコ~♪」というサザエさんの主題歌も
影響しているのでしょうか(笑)。

味覚の話に戻りますが、比較的味音痴といわれている犬や猫も、
一度濃い味付けを知ってしまうと、ペットフードを好まなくなります。

しかし、汗をかけない犬や猫は塩分をあまり取る必要がないので、
人間の食事を与え続けることは、大きなダメージになるのです。

近年ペットの寿命が延びた背景には、
栄養バランスのよいペットフードの出現があります。

私たちが「おいしい」と感じる食べ物もペットの健康を
損ねかねないことを理解し、食事管理をしっかりしてあげてください。
 
スポンサーサイト
犬は確かに嗅覚に優れていますが、
すべての臭いが嗅ぎ分けられるわけではありません。

香水の香りなどは苦手で、たんぱく質の臭いを
嗅ぎ分けるのが得意です。

足跡、体臭などを敏感に察知するので、
警察犬・救助犬として捜索などの場面で活躍できるのです。

元々、狩りで収穫した獲物を独占するために、
土に埋めてはまた掘り起こして食べるという習性から、
嗅ぎ分ける能力が発達したといわれています。

また、臭いがどの方向から来るのかを認識できる、
つまり風がどの方向から吹いているのかを感知して、
狩りをする際も標的の風下に身を置き、
相手に自分の臭いを感知されないように近づいていきます。

野性動物の生きる知恵には感心させられますね。

今の犬たちも、野生だった頃の習性が残っていて
「埋める」ことが好きな子が多いようです。

ちなみに、うちのユリアは室内で飼っているので
庭に埋めるという行為はできません。

でもその代わり、お気に入りのものをどんどんベッドの下に
隠してしまうのです。

掃除のたびに大好物の豚ミミや探していたスリッパが見つかって、
元に戻してはまた隠されるという平
和ないたちごっこを楽しんでいたます(笑)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。