FC2ブログ
犬は確かに嗅覚に優れていますが、
すべての臭いが嗅ぎ分けられるわけではありません。

香水の香りなどは苦手で、たんぱく質の臭いを
嗅ぎ分けるのが得意です。

足跡、体臭などを敏感に察知するので、
警察犬・救助犬として捜索などの場面で活躍できるのです。

元々、狩りで収穫した獲物を独占するために、
土に埋めてはまた掘り起こして食べるという習性から、
嗅ぎ分ける能力が発達したといわれています。

また、臭いがどの方向から来るのかを認識できる、
つまり風がどの方向から吹いているのかを感知して、
狩りをする際も標的の風下に身を置き、
相手に自分の臭いを感知されないように近づいていきます。

野性動物の生きる知恵には感心させられますね。

今の犬たちも、野生だった頃の習性が残っていて
「埋める」ことが好きな子が多いようです。

ちなみに、うちのユリアは室内で飼っているので
庭に埋めるという行為はできません。

でもその代わり、お気に入りのものをどんどんベッドの下に
隠してしまうのです。

掃除のたびに大好物の豚ミミや探していたスリッパが見つかって、
元に戻してはまた隠されるという平
和ないたちごっこを楽しんでいたます(笑)。